Art」カテゴリーアーカイブ

境界線とバランス。

「自分勝手」と言われる人は沢山いると思うけど、よくよく考えてみると人間は誰しも自分勝手であって、そんな中で自分勝手と他人から言われる人は結構興味深いと思う。

とどのつまり、バランスの問題なのだろう。

なにかの基準があって、相対的に自分勝手の度合いが高い人が、自分勝手と言われているのだろう。

明確な基準=境界線って、きっとない。千差万別。自分の置かれている環境によってもその境界線は(微妙に)異なるはずだ。なぜなら、自分の属する母集団においての相対評価だからだ。生まれ育った環境とか置かれている環境によって、母集団における相対評価は変動する。

結局、なんでもバランスなんだ。

自分勝手も自分勝手じゃないも、バランスなんだ。

人生において、このバランス感覚はとても大事な気がしてきた。

片方によると自分勝手(=自分を守れる)、もう片方によると相手に合わせる(=自分が守れない)となるケースもあると思う。アサーティブにコミュニケーション取るためにも、バランスを意識した、ニュートラルな視点を保ちたいものだ。

ところで、先日、バスの所在地を示す電光掲示板の真下を観察してみた。路面に反射する光が妖艶な感じで電光掲示板の真下を飾っていた。よく見ていると境界線が分からなくなるような、そういうエッジの聞いた雰囲気がステキだと思った。

これもある種のバランスだと思う。明確でもあり、曖昧でもある境界線を持つこの景観は、色々と思考を巡らすことができる、僕にとって、良い出会いだったと心底思っている。

A boarder.

ゴミから見えてくる人間についての観察と洞察。

The human.

ゴミを見てしまう一種の癖のような習性が、僕にはある。

ゴミはおもしろい。人間性が分かる。例えるならば、駆け出しのラーメン店のオーナーが、人気店のゴミ箱からヒントを得るような感じ。

要するに、ゴミには捨てた人の人間性が出ると思っている。地域によって、傾向が出てくる気もしている。

ゴミは、人間が最も気を遣わないモノの一つのはずだ。即ち、気を抜いている状態。だから、ゴミには人間性が出ると思っている。観察しない手はないし、洞察もする。

ゴミでビジネスがやりたいと思っている。その理由は、「なぜ捨てるのか?」「捨てたくならないような仕掛けはないか?」という問いから導き出される「人間とは何か?」を掴んだビジネスを展開できれば、ストレスなく、むしろみんながこぞってゴミをなくす社会を実現できると考えているからだ。

ゴミ(と捨てる人間)の観察と洞察は、これからも続く。

新緑と気付きとバランスと。

Seeing.

コロナもだいぶと収束モードか。第二波が心配ではあるけれど、今のところだいぶと日常生活を取り戻しているような気がする。

今日は、新入社員候補の面談。ストレス耐性もありそうだし、ストレートに物を言う姿勢が、つっけんどんだと表面的に思う一方で、根はマジメなんだろうという気にさせて、50−50という感じの人材だった。気軽に雇用して気軽に解雇する、ということはしたくないので慎重になる。考えた結果、まずは試用期間ということを了解して来てもらうことに。

面接では、表情や仕草だけでなくて、細かな所作も見る。見るというか、自然と見てしまう自分の性格。面接には向いていると言えるのかもしれない。

細かな所作とは、モノを手に取る指の先、部屋を出る時の背中の雰囲気、ものを話す時の唇や目の動きなどを含めている。その最後の一瞬、文字通り「刹那」に、その人の真実が出ると思う。

なぜなら、日常的に気をつけておかないと身につかない部分だからだ。

話変わって写真について考えてみると、この細かな部分に気がつくという性格は、これまた向いている気がする。

季節ごとに変化する景色や、植物、自然などに目が行く。何度見ても飽きないし、何度見ても新しい発見があるから、自分の観察力に磨きがかかるし、また反省や振り返りもできるから楽しい。

目の前のことに集中する、ということも意識的にできるだろうし、そうすることで今を生きることができる、ということも分かる。

局所が分かれば、対局も分かる気がする。人は無意識=宇宙でつながっているのだろうな、と思える時もある。陰と陽、静と動、明と暗。

時と場合によって、どちらの意識に厚みをもたせるかは自分の中で調整する必要がある。冒頭に書いているとおり、こと面談では局所的な目線に厚みを持たせたほうが役に立つだろう。

最近、特に局所・大局を意識することが多くなった。写真は自分の心を表現できるツールだから、自然と写真に反映される。ピントを合わせない写真が多いのは、そういう心境の変化(成長)があるからだろう。

局所を知り、大局を知る。そして、そのことをアート的思考を持って写真で表現する。どうやら、これが(今の)自分のやり方のようだ。突き進む。

A Life. – ブロック塀から生きる植物。

歩いていたら、ブロック塀から生えている植物を発見。良く見ると塀に穴が空いていて、そこを根城に、草が力強く生えていた。したたか。うらやましいくらい、したたか。

A Life.

生命とは強いものだ。生きようとする。

生きようとすること・種を残すことにどこまで意味があるのかは、時々考えてしまうテーマだが、時々考えてしまうだけに、したたかに生きているモノを見ると触発される。

翻って、自分の人生や自分の日頃の行いを考える。まだまだ意識を高める必要があることに気づく。良いきっかけをいただいた。感謝。

Unconsciously.

朝から熊本県は阿蘇にある「萌の里」というところに写真撮影へ。ポピー(花)が咲いている季節ということもあり、友人と一緒に。友人が一念発起してカメラを購入したという連絡をくれたので、だったらということで急遽2人で行くことにした。

新しいカメラを買った友人の顔はほころんでいて、見てみて幸せになれるほどだった。その気持ち、大いに分かる。自分もカメラを購入した時は、顔のニヤつきを抑えることができなかった。

ちなみに、機種は Sony のα7 初代。レンズはF1.8 85mm。αは3代が最新のようだが、全く問題ない。というか、初代は初代の味がある。古いから撮れないとか、新しいから撮れる、というものではない。もちろん、目的・用途によっては最新機種でなければならい場合もあるだろうが、アート作品を作るとか、メッセージを発する写真を撮ろうとするなら、全く問題ない話だ。

かくいう僕は、FujifilmのX-T1を愛用している。これでしか出せない色や雰囲気がある。気にっている機種だ。

お目当てのポピーは満開のようで、なかなか良いタイミングで撮影に来れたと満足できた。友人も黙々と撮影。

一緒に撮影するって、とても独特な雰囲気だけど、気持ちが良い。べらべら話すわけでもなく、かと言って全く話さないわけでもない。仲良く話したかと思ったら、全く別のルートで黙々と写真を撮っている。その距離感というか雰囲気が心地よい。

フォトウォークのイベントやると、とても良いと感じた。

写真は良い。細やかな部分まで観察する目が養われるから、日常のちょっとした幸せを発見・再認識できるし、場合によってはそこから、物事の本質を見極める、即ち洞察する目や、創造する力を養うことができるからだ。

フォトウォークで、地元の人と海外インバウンドを結ぶのも楽しそうだ。

国内でも、海外インバウンドでも、どちらもやってみよう。

This unmatch is already usual in recent days?

写真を撮っていて良いと思うことの一つに、日常のつぶさなことに目が留まるという点がある。

所要のため外出した際、道端の植え込みに目が行った。

なんてことない風景だが、植物と人工物のアンマッチが、最近ではマッチしているのだろうと思ったし、花の終わりということと、まだ食べられそうなお菓子がゴミとして終焉を迎えているという「異なる形の終わり」が、なんとなくマッチしているし、現在社会を風刺できている縮図とも感じられた。

自分的に、何か心にくるものがあったので、ここに記してみる。

ところで、「終わり」と書くとマイナスが感情が芽生えることがあるが、「終わりは始まりの始まり」とも思えるので、深淵なプラス感情を覚えるので、好きだ。

空と遊ぶ。

今日は午前中から午後まで雨模様だったが、夕方近くになって晴れてくれた。

Stay home。ただ、あまりにも室内に居続けるのはストレスなので、一人でテクテクと軽く散歩をする。今日は愛用のカメラと一緒に。

空を撮ってみた。

時々撮るが、今回はレタッチもしてみる。今まで敬遠していたが、最近は、自分の写真表現の幅も広げたいし、深みも増したいので、何でも試してみることにしている。

それに、コロナ関係の情報にも、この雰囲気にも辟易している。明るい雰囲気にしたい、という気持ちもあって、無意識に空に助けを求めたのかもしれない。

撮ってみての感想は……、良い感じ。表現の幅は広がったと思う。やっぱり写真は楽しい。

GR3ほしい。

Artに興味津々で本や雑誌を読んでいる毎日。これまではキヤノン派だったのだが、アメリカ行きをきっかけにFujifileを買ってみてその吐き出す絵にほれてしまって、半分はFuji派になりつつあるなかで、Artチーム「Photo Art Heroes」設立をきっかけにArtにのめり込んでいく中で、自分の思想を表現できる機材探しにも熱が入っているこの頃。

やはりモノクロが楽しい。そして、ストリートフォト。

両者のスタイルを満足させるものは、今使っている愛機のFujifile X-T1と思いつつ、もっと機動性の高い子もほしい。

調べているとGR3が良さそうな感じがする。ん〜、ほしい。

作例を載せている良いサイトを発見したのでご紹介。ぜひ自分でも撮ってみたい。

https://yphoto-journal.com/griii-review/

Instagram access token.

インスタグラムのアクセストークンって、いつ終わるか分からない状態なのか。なるほど。SmashなんたらっていうWPプラグインを発見して設定しようとしたら、インスタのアクセストークの設定が必要となって公式ページで調べてたら、こういう記述があった。

Photo Art Heroesのホームページを作成中で、インスタも運用していくからうまいこと効率的に運用できないかな、と検討した結果、ホームページのトップ画面にインスタのポストをギャラリー形式で表示できたら嬉しいなと思ったので調べてみたら、上記の感じだった。

Photo Art Heroesでは、オンラインでの写真展も考えていて、メンバー(フォトグラファー)の作品をインスタにあげて、いいねをもらった数でオンライン=リアルな写真展に作品として出品するとかいう具合に、オンラインとオフラインをリンクさせる仕組みを検討していて、現在構築中。

とはいえ、他のインスタプラグインを調べてみても、やっぱり全部がアクセストークを欲しがることが判明。ユーザ認証とか連携のためには必須なんだな。そういう仕様なんだな。仕方ない。

ということで、少し検討中。どうするのが効率的なのか…。

やっぱり、ホームページは単なるギャラリーにするかな。もう少し検討しよう。

自分のアートをビジネスにするという挑戦

最近、もっぱら現代アートで頭がいっぱいで、自分のアートでビジネスを成功させたいと思うようになった。日に日にと、その気持を大きくなっていく。

気持ちが大きくなっていくにつれて、具体的な戦略を練るようになる。そして、やっぱり一筋縄では行かないということを痛感する。

現時点で、ポイントは以下だと思っている。

  • 認知度
  • ストーリー
  • 必要性

まず認知されないと、どんなに良いモノも売れない

次に、認知されたらストーリーが大事だ。自分の取り組みの意義を分かってもらって、ファンになってもらうことが大事。

そして最後に、必要性。日常生活で必要なものであると素晴らしい。

僕が思うに、アート、特に現代アートは抽象度がものすごく高くて、慣れていないと思われる大多数の人には「理解されないモノ」だと思っている。そして、そんなもんなんだ、という認識と共に、なくても生活ができているから、必要なものにはなりえていない。

しかし僕は、現代アートは生活に必要なモノになるだろうし、今現在でも、必要なものであるべきだと思っている。ではどうするか。

少し敷居を下げてみる。現代アートを生活に近づける。そのために写真展を開いたり、ホームページやFacebookで発信する予定だ。発信内容も、現代アートは「作品との対話だ」ということを伝えつつ、自分の中に自分なりの解を見出すことを訴えてみる。現代アートは、難しくないはずだ。

発信する写真も、軽めのアートというか、とっつきやすいアートを心がける。現代アートの解釈や思考の深さを10としたら、5とかそれより0に近い感じにしてみる。

兎にも角にも、まずは実践あるのみだ。やりながら走る。