Memo」カテゴリーアーカイブ

断捨離のススメ

(以下、純粋に自分に向けた持論の展開)

モノはどんどん捨てるべし。創造性を高めたければ、特に。

なぜなら、行動するたびに新しいことが増えるから。

捨てなければ、新しいことが活かせない。

そして、手に入った新しいことは、どんどん活かす。

血肉になれば、自分の残る。これが重要。

スケジュール管理は大枠でも良いかもしれない、という気付き。

スケジュール管理は細かくする方。タスクやToDoの管理もそうだった。だけど、やることが多くなってくると、スケジュール管理するだけでも時間がかかってしまって、なんだか本末転倒…。

特に最近は、タスクやToDo管理はしなくて、全部をスケジューリングすると良いと本で読んだので実行中なのだが、これがなかなか、粒度の細かいスケジューリングをやると、すごいことになってしまう…。

あれこれ考えた結果「大枠でスケジュール管理する」のが良いのかも、ということに気づく。

例えば、僕の場合は「Technology」、「Art」、「Consulting」、そして「English」は、絶対に外せないカテゴリなので、それぞれで大枠の時間を設けて、その時間は設定したものに集中する、というルールで動いてみようと思う。

すると、Technologyでも、例えば「**の勉強」とか「**のコーディング」とかやることがあるので、Technologyの時間はそれだけにフォーカス。こうすると、Technologyでやらないといけないこととか、その状況を管理できそうなので、良さそう。

タスクリスト・ToDoリストとの照合もしやすそう。要するに、プロジェクトマネジメントも、カテゴリ毎にやっていることが、スケジューラとも手帳ともリンクできそうな気がする。

やらないといけないことが沢山で飽和してきたと思ったら、とにかく大枠で。

シンプルに考えることができるし、全体を俯瞰もできて、焦らなくて良くなる。

プロジェクトのログを取ると、結局は時間を効率的に使えるという事実。

複数のプロジェクト(以下、PJ)に取り組んでいると、余裕がなくなったり、忙しかったり(実際は忙しいと思いこんでいるだけなケースが多いと思う)して、PJのログを取れていない場合が多い。

ここでいう「PJのログ」とは、日報や月報と言われるものに近い。要するに報告書に近いのだが、報告書も広い意味ではログだと思っている。サマライズされたログ、のような、そんな感じ(相手に合わせて記載する必要ありなどの性格はあるが)。

PJのログは簡単で良い。作ることが苦になったり時間がかかったりするのは、本末転倒だから。簡単なものを、コツコツ書くだけで良い。

では、何を書くか。

年月日、時間、やったこと(要点だけ)、でOK。

詳細なログでなくて良い。キーワードを書いておく。そして、あとから読んでみて、その場を思い出すことができればOK。

ここで地味に効いてくるのが、年月日と時間。「いつ、なにをやったか」は、あとから必要になったり求められる場合が結構あるので、ログを取っておくと、かなりの時間削減、効率的な業務につながる。

1行で良いから、日々、コツコツ書いていく。これ、大事。

<追伸>
気がつくと、結構な量になっていたりして、植物が成長しているような、時の経過を感じられるような、自分の行いがどれぐらい大きくなったかを思えるような、そういう良い効果もあるので、オススメ。

TV番組「激レアさん」から、行動することの重要さを学ぶ。

2019年9月7日の放送を見て。行動することの大切さを痛感。
番組の内容詳細は、以下より。

[Togetter]
持ち前のチャキチャキすぎる性格でゴーストタウン一歩手前だった浅草を日本有数の観光地へと蘇らせた伝説の女将 #激レアさん

すごいと思ったのは、以下のとおり。

  • とにかく行動。行動しながら考える、もしくは行動してから考える。
  • 物事はやると決めてからなじゃないと動かない(by 伝説の女将)
  • 古い文化 × 海外文化 = お客さんたくさん来る、の発想
  • 商業施設と交通機関(移動手段)、人は利便性がないと集まらない
  • トップへのアプローチ(運輸省、ホテルニューオータニの社長、などなど)

TV番組の特性上、おもしろおかしくしているけど、よく注意しながら見ていると、物事を推し進めるための学びを多く得ることができる。とても良い、参考になる内容だった。

判断は早く・速く

判断は正確に速く。
特に「速さ」が大切。

何をしようと良い経験だし、
判断の結果に得た良い経験を活用することで、
利益を上げることができれば、何事も「投資」となる。

例えば、少々高い手帳を購入するかどうか悩んでいるとする。
購入まで、長期間悩んで悩んで、結局購入したとする。
悩んだ分だけ、購入後の「後悔」リスクは下がるだろう。
けど、ゼロにはならない、きっと。

逆に、早々に購入したとしよう。
すると、判断までにかかる時間の差分だけ、
「手帳を使った」という経験を得ることができて、
その経験から、「使用レビュをBlogなどに書いて発信」することができる。

Blogでマネタイズしている人は、それだけ利益を出すチャンスを得たことになる。
もしかしたら、得た利益で、同じ手帳・異なる手帳を購入できるかもしれない。

判断は速い方が良い。
投資という考え方もプラスする。

投資という考え方。時間とお金は自分磨きに使うことは即断即決。

目先のお金の動きだけを考えていると、悩んで決断できず、時間を要してしまう。
しかし、時間をお金は、自分磨きに使うのであれば、即決で良いと思う。悩む時間がもったいない。

自分磨きとは、経験する、知識をつける、人に会う、などが当たると思う。物的に物を買うことも、例えば作業効率が上がって使える時間を捻出できる、などであれば、買って良いだろう。

もちろん、一時的にお金は手元からなくなる(ように思える、と言いたい)。しかし、あとから稼げば良いのだ。

行動すれば何かがついてくる、無駄にはならない。行動から得た経験を活用する。

自分に投資する。
そして、投資した以上の対価を得る。

Do Not Disturb. — 今に、よりフォーカスする方法。

シングルタスクこそが上質な仕事をする方法だ、という気づきについての投稿。

メールやメッセージは即答が基本だと考えていた。
即答することで、タスクが早く処理できるし、相手の時間もより大事にしていることとなると考えていた。

ただ最近、タスクの量が多くなってきたので、考えを改める必要があるのでは、と思ってきている。

人間は、知識を利用する・創造性を発揮するためのマルチタスクはできない、ということを、以下の書籍を読んで知った。

なるほど、うなずける。

マルチアスクは不可能ではない。諸説あるし、人による。できると言っている人もいる。けれど、きっと可能と言っているマルチタスクは、ルーチン的な、脳をあまり使わないタスクのことだ。もしくは、脳を使うことと使わないことのマルチタスクだ。

一つのタスクをクオリティ高く迅速に仕上げるには、フォーカスすることが非常に重要だ。そのためには、マルチタスクでは実現できない。そう考えるようになった。

さて、では具体的にどうするか。

スマートフォンを「おやすみモード」にする。
日本語では「おやすみモード」だが、英語では「Do Not Disturb」、要するに「邪魔しないで」だ。

「おやすみモード」とは上手な訳し方だなと思いつつ、個人的には「Do Not Disturb」の方が圧倒的に好きだ。

相手へを気遣う気持ちを持ちながら、心を鬼にして Do Not Disturb を試してみたが、これが最高に良い。一つ一つのタスクに集中して取り組むことができるので、確実にタスクをこなす(やっつける)ことができるし、質もスピードも上がる。結果、相手に喜んでもらえるし、自分の気持ちもポジティブに保つことができるなど、良い効能ばかりだ。本当に緊急性のあることは、電話してくるだろう。

Do Not Disturb の時は着信も表示されないのだけれど、着歴は残るので、こちらからかけなおせばOKだろう。

しばらく、この方法を試してみる。
今の積み重ねが未来だ。そして、未来は自分で作るものだ。
Do Not Disturb. 自分によりフォーカスして、投資して、思う未来を作る。

<追伸>
話は変わるが、iPhoneでロック画面のスクリーンショットを撮る場合は、AssistiveTouchを活用するのが一番良い。確実でシンプル。

バックキャスティング的な考え方と自分を変えること・変わること。

バックキャスティングって、「逆算して考える」ってこと。言葉が変わっただけで、一般的に言われている単語なので、構えなくて良い。

意味は同じで、異なる言葉を使う(特に日本だと横文字にする)ことで、マーケティング的に、広報的にアピールしてトレンドを作り出すって、昔から行われている手段だ。

さて、睡眠って大切だと、最近常々思う。
改善しようと思うと、決まって出てくる「習慣」という壁。

精神的にも肉体的にも「習慣」はまとわりついていて、これまた、精神と肉体がリンクしているから改善するのは一筋縄では行かない。

とはいえ、改善したい。

思うに「睡眠スタイルを改善しよう」と思ったら、多くの人はその日の夜から改善することを考えると思うが、ぼく的には、思ったその瞬間から変える必要があると感じている。

なぜならば、全てはつながっているから

どういうことかと言うと、ここで、バックキャスティング(逆算)の考えが適用できる。

要するに、

  • 今夜は、より良い質の睡眠を摂ろう
  • 寝る前は読書だ、ストレッチもするぞ
  • スマホやPCは使わないぞ
  • 就寝3時間前から何も食べないぞ
  • 夕飯はちゃんと食べたいぞ
  • 間食も控えよう

などと、ゴールから逆に考えていくと、細かい部分もスケジューリングするできる。上記については、例えば以下のような感じ。

  • 就寝時間は23時にしよう。たっぷり7時間は寝てみよう。
  • 寝る前の読書は30分、ストレッチも30分にしよう。てことは、22時から開始だな。
  • スマホやPCでの作業は21時までにしたいな。タスク整理しよう。
  • 夕飯は20時だな。ふむ、意外と時間がないぞ。スマホやPCでの作業、もう一回見直すか?
  • いつもは18時頃に間食してるけど、20時にちゃんと夕食摂りたいから控えよう。でも、お腹すくんだよな…
  • てことで、ランチもしっかり食べてみよう。

この考えを続けると、最終的に今にたどり着くのは「今、何をしよう」となる。
なので、改善しようと思った瞬間から改善が始まる。改善する必要が出てくる。

おもしろいのは、どんなに小さな一歩でも良いから、すぐに行動することがポイント、ということ。少しでも先延ばしにすると、人間、実行しない可能性が格段に上がる(と思っている)。

全てつながっている。
過去の積み重ねが「今」であり、「今」の積み重ねが自分の進む道を決める。

常に意識しておく。

UTSAの思い出2019

今年の夏(2019年8月)に行った、サンアントニオの思い出の一つ。UTSAの図書館で、Free wifiつかんで、なんか感動していた(笑)

あれから早2ヶ月近くか…。
本当に、時間が過ぎていくのは早い。
うかうかしてたら、あっという間に人生終わってしまう!