“ずごろくゲーム”の自作にチャレンジ。

人生ゲームのWebアプリを自作したい。理由は、シビックテック。

2022年7月頃から、宜野湾市主催のシビックテック講座を受けていて、介護についてのアイデアを出した。現在は、講座も次のステップとしてハッカソンを実施している。

ハッカソンは、ハック+マラソンの略で、ハッキング(詳しくなる、活用する)ことのマラソンなので、短期間で限界までやり抜くというイメージ。要するに短い期間でプロトタイプを作ろうという、ちょっと前から一般的にもよく催されているイベントだ。

シビックテック宜野湾の講座でも、このハッカソンに取り組んでいるところ。

講座で自ら出した介護分野のアイデアである「介護をみじかにするためにゲームを作る」について、現在取り組んでいる、という状況だ。

僕は、以前プログラミンの経験があるから、プロデューサ兼プログラマ(エンジニア)的に立ち回っているものの、ここ10年以上ちゃんとした開発をしていないこともあって、ほぼ“浦島太郎状態”だ。テクノロジーの進化は早い。10年以上やってないと、ほぼ初心者と同義だと思う。

とはいえ、考えたアイデアは実現したい。結構良い内容だと思っているのもある。自分のためにもなりそうだから、プログラミングにもチャレンジしたいし、やるからにはコスパが良いものを、ということで、Pythonでずごろくゲームを開発できないか、と思っている。

ところが、ググってみても事例が出てこない。どうやら、Pythonで開発していなさそう。ぎりぎり、HTML5+JS(Canvas)は出てきた。今回はWebアプリを考えているから、なるほど、JSの方が相性が良いのかもしれない。

もう少しPythonでできるか否かを模索してみる。場合によっては、JSにチャレンジして、プロトタイプは完成させたい。あと2週間。一旦がんばってやってみる。

「土を喰らう十二ヵ月」を観て、「ブルーピリオド」を読んで。

「土を喰らう十二ヵ月」を観た。去年の夏頃から気になっていたから、待ちに待った鑑賞だった。

感想としては「良かった」の一言に尽きる。

ネタバレしたくないから詳細は端折るが、「自分にとっての豊かな人生とは何か」を考えることができる、程よい余白(空間と行間)を持ちつつ最初から最後まで展開される映画で、落ち着きつつも、深いテーマについて味わうことができる良い作品だった。

帰宅して、今度は「ブルーピリオド」を読んだ。

アートについて書かれている大好きなマンガだ。こちらも気になっていた分野だし、分かりやすく書かれていて初心者な自分にとってありがだくも参考になる作品だ。今はITの分野をメインに身を置いているが、中学の頃は美術にも惹かれていたので、輪をかけて世界観に没入することができる。

どちらの作品も「思考する」ことが好きな人は、きっと気にいると思う。

Linux Mint で zipファイルの中身が文字化けしていたら unar コマンドを使うのが良い。

文字コードの問題で文字化けするのが原因。LinuxはUTF-8である一方で、WindowsはShift-jis。(個人的にはShift-jisは苦手。UTF-8でいいじゃないって思ってしまう)

対策としては、「unarコマンド」を使うと一発で解決する。

インストールする必要があるので、以下のコマンドを適宜実行する。

コマンド ‘unar’ が見つかりません。次の方法でインストールできます:
sudo apt install unar

使い方は、$ unar ***.zip (zipファイル名) とすればOK。

解凍してくれて、ファイル名が無事に表示された。素敵。

Glideを触ってみたけど、テクノロジーがさらに市民権を得るトリガになると震えた。

Glideは、Webアプリ(iOS、Android両方)がサクッと作れて、サクッとデプロイ(公開)できるサービスだ。今は、日本語には対応していないようだけど、開発UIは分かりやすいので、個人的には問題ない。

https://www.glideapps.com/

Glideのトップ画面

少し触ってみたけれど、本当にサクッとデプロイまで完了できて、びっくりした。手順は以下だ。

<デプロイまでの手順>
1. オープンデータをネットから拾う。今回は宜野湾市のオープンデータから緊急避難所のCSVをDL
2. 取得したオープンデータCSVをGoogle Sheets で読み込む
 →CSVをGoogle Docsにアップロード(保存)
 →アップロードしたCSVを Google Sheets で開く
 →これで、Google Sheetsのファイルが児童で作成・保存される
3. Glideのアカウント作成(Googleアカウントでログイン)
4. 新規でGlideアプリを作成。データは上記2で準備した Google Sheets のファイルを指定
5. 画面を進めると、iPhoneでのプレビュー画面がある開発ページに遷移する。細かな機能は左右上下にあるメニュ等から適宜編集
6. 右上にある Publish を選択して、適当にURLを決めて決定すれば、デプロイ完了
7. 表示されるQRコードを自分のスマホで読み込めば、Webアプリにアクセスできる

以上

Glideでのアプリ新規作成画面
アプリが参照するデータ(DB)としてGoogle Sheetsを選択
開発画面。この状態でほとんどできている。

本当にサクッとできた。驚いた。

簡単なWebアプリなら十分だ。開発の敷居が低くなったというか、エンジニアが要らなくなった気がする。これまで職業としてプログラマが開発していたものが、クリックだけで完了するという、テクノロジーの敷居をぐっと下げてくれたアプリだ。

現時点では、まだプログラマの需要はある。Glideも完璧ではなくて、おそらく、細かな機能は実装されていなかったりするだろうから、プログラマ(人)が開発する方が小回りがきくだろう。

Glideが成長していけば、将来的にはプログラマが不要になるかもしれない。

アートシンキングの可能性

アートって、単なるビジュアルのことではなくて、その本質は「自己探求」と「表現」だと理解している。

一般的に単なるデザインのこと(のみ)だと誤解されていたり、表層的な理解しかされていないのは、抽象度の高いものを思考する必要があるからであって、多くの人が苦手とする分野だからなのだろう。

「人は具体的なモノを見せると動く」と、とある人から教えてもらったことがある。

確かにと大きく納得するとともに、だからこそ、対局にある「抽象度の高い物事」は、人を動かすことは苦手なのかも知れない。人間は感情で動く生き物というし、感情は抽象度の高いものと思われるかもしれないが、別カテゴリの話だ。

兎にも角にも、抽象度の高いものは、多くの人が苦手なのだろう。

アートとは、「自己探求」と「表現」。更にいうと、そこからの「発明」によって人類を先へ進ませるもの。

アートシンキングは、その大枠を活用した思考法であって、哲学であったり、今のはやり言葉でいうWell-beingを見つけるための思考法だと思う。

このアートやアートシンキングは、これからきっとニーズが高まるし、ビジネスチャンスがあると考えている。サービス受益者が分かりづらいとか、結果が出るまでに時間がかかるとか、ビジネスにするには課題が多いかもしれないが、イベントであったり、ローカルビジネスであったり、組わせることで可能になると模索している。

ところで、こういう話をすると、「教育」という言葉が頭に浮かんでくる。事物は有機的につながっているとはずなので、教育によって世代を超えた貢献をすることで、地域やその先にある日本に活力を与えることができるのではないだろうか。これも、模索の日々だ。

泣く女(ピカソ)
泉(デュシャン)

CIO補佐官になってからのメモ(とりあえず、今回は走り書き)

CIOとはChief Information Officerの略で、組織における最高情報責任者を指す。こと自治体においては、No.2を指す場合が多い。すなわち、市町村でいうところの、副市長・副町長・副尊重だ。

国が国内の、特に地方自治体のDXを進める上で、CIOとして都道府県・市町村のNo.2をCIOとすることを推奨していて、かつ、民間から支援人材を積極活用も推奨している。

ちなみに、僕はある2つの地方自治体からCIO補佐官として任命いただいていて、また1つの地方自治体からDX検討員として指名いただいている。

実施することはその自治体によるが、2022年の現状においては、まだまだ帰雲城製から、庁内体制の整備を実現することが現実的という状態だ。

CIO補佐官に求められるスキルは、国の資料には以下の通り記載してある。結構なスキルだ。というか、地方自治体のNo.2の補佐だから、これくらいのスキルがあることが望ましいということだろう。

自治体DX全体手順書(第2.0版)より

【参考】自治体DX全体手順書(第2.0版)

かくいう僕は、運良くCIO補佐官に任命いただいたというレベルで、ここまですごいスキルを有していないが、有しているからできるとか、有していないからできない、ということではないと考えて行動している。

要するに、自治体DXを推進すればOKなんだ。

ちなみに、全国のCIO補佐官の実績を調査したところ、高校生とのディスカッションとか、そういったものが見受けられた。

僕の取り組んでいる内容は、以下の通りだ。

  • 職員向けの勉強会実施
  • 各担当からアサインされた職員で後世されるDXプロジェクトチームの伴奏

こう文字にするとあまり実施できていないようにも思えるかもしれないが、実は書けている時間も労力も多い。

勉強会については、国が出している計画書や手順書をなぞればそれなりの資料ができるかもしれないが、そもそも教科書チックで読みづらい内容なので、もっと初心者でもとっつきやすい、要するに精神的な障壁が低いものが好ましいことから、ゼロから資料を作成した。

また、プロジェクトチームについても、進め方や具体的な手順などをレクチャするという伴奏をしている。

手取り足取り感があるかもしれないが、そもそも職員は通常業務に忙殺されているので、DXは「追加業務」として敬遠されがちだし、だからこそ、シンプルな内容であったり、伴奏する方が効果が高い。

ということで、必然的に時間も労力もかかるし、進捗も一朝一夕では出ない。出るのであれば、CIO補佐官は不要なのだ。

全国にそれぞれCIO補佐官が任命されていて、それぞれが活動していると思う。これで、地方自治体のDXが進んで、ひいては日本全体のDXが進むことを祈るし、僕が任命いただいている自治体は、その中でも先頭を進めるように取り組み続ける所存だ。

Linux Mint 21 Venessaで Kindle を読む。

Linux Mintを使いだして早1.5ヶ月。マイノリティの弊害というか代償?として、以下が挙げられる。

①Amazon Kindle が Linux では見れない
②ぴったりサービス(行政手続きのオンラインサイト)に対応していない

そう、たったの2つだ。Linuxバンザイ。

②は、少なくとも現時点では必須ではないが、①はヘビーユーザなので改善したいと思っていた。調査したが、Linuxのままで動くKindleソフトは配信されていないので、仕方なくPlayOnLinuxを利用することにした。

が、PlayOnLinuxでは、Kindleソフトのインストール途中で Runtime error が表示されてどうやっても解決できなかったので断念。他のサイトでは、事前にとあるディレクトリを作成したらOKとの情報があったが、解決しなかった。代わりにWineを利用することに。

手順は以下の通り。

1.Wineのインストール(https://wiki.winehq.org/Ubuntu
2.KindleCloudReader(https://read.amazon.co.jp/kindle-library)を表示
3.表示された本を、どれでもいいのでクリック
4.表示された画面から「PC&Mac」を選択してexeファイルをDL
5.WineコマンドでKindle.extを開始 or Kindle.extを右クリック>「Wine windows プログラムローダーで開く」をクリックすることで実行

初回起動時は、Amazonのアカウントの認証画面が出てくるので、いつもどおりログインすればOK。

起動したKindleの画面

多少表示が崩れたり、フォントサイズなどの設定がリセットされてしまう場合があるが、骨子となる機能は動作するのでOKとする。これで、LinuxでKindleが読めるから読書が捗る。やはり、スマホよりも大きな画面で読む方が楽だ。

なお、5では「右クリック起動」の方がターミナルを表示しなくても良いので、画面上では煩わしくないと思う(僕はターミナル好きなので全然問題ない、というかむしろ好ましいけれど)。

それと、Wineを入れたおかげか、Chrome上でも本を選択すると読めるようになっていた。ただし、毎ページを都度DLするようなので、サクサクと読めない。Kindleアプリで呼んだほうがストレスフリーだ。

蛇足だが、Kindle.exeをDLする時の画面で、「PC&Mac」と表示されているのが面白い。世の中のPCは、Macかそれ以外かって感じに見えるからだ。Appleの偉大さを感じる。

Majestouchと23.8インチディスプレイでPC作業環境を整えた。

キーボードはMajestouch。ディスプレイはKOORUIというメーカーで、23.8インチでノングレア(非光沢)のものを探していたら、安く手に入ったので試しに買ってみた(予算があれば、EIZOのディスプレイを買いたいところだけど、将来の楽しみにとっておくとする)。

Majestouchは黒軸。ちょっと前にキーボードにハマって試しまくった結果、自分に一番フィットする不動のキーボード。仕事でも使っているけど、自宅でも欲しくなったのでメルカリで購入。定価の半額程度で、開封3ヶ月(ほぼ未使用に近いらしい)が見つかった。結果、かなりキレイなほぼ新品が手に入って、満足している。ラッキーだった。

仕事で使っているMajestouchは10年以上前のもの。Majestouchも進化しているようで、静音性も高まっているし、打鍵感もいい塩梅にマイルドになっていて、耳的にも、指先の感覚的にもとても良い。一日中触っていられる。

Majestouch BLACK Tenkeyless 黒軸・テンキーレス・かななし製品情報 | ダイヤテック株式会社 https://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=770

今回購入したMajestouch(FILCOのWebサイトより)

今まではミニマリストよろしく、必要最小限のPC環境、かつノートPCに慣れればどこででも同じ環境で作業できるから効率的だと考えていて、自宅でのPC環境は特に整えていなかった。けれど、やはり大きなディスプレイとマルチディスプレイ環境、かつお気に入りのキーボードの方がどうしても作業効率が良いので、思い切って整えてみた。

これで、いつまででもPC作業ができる。

PCの環境を整えるのは投資という考え方と、ミニマリスト的な考え方との葛藤。

お金の使い方には気をつけている方だと思う。俗に言う、「投資」なのか「浪費」なのかは、金額によらず、毎回考えている。

結構な習慣になっているので、最近ではあまり考えることなく即決できている方だと思うのだが、PCの環境については、好きな分野ということもあって、考えてしまうケースが多いような気がする。

僕は、肩こりが結構な悩みになってしまっている。毎朝毎晩、ストレッチを欠かすことなくここ10年以上を過ごしているのだけれど、どうしても肩こりに悩まされてしまうシーンがある。

原因の一つは、PC作業が多いことだろうし、それはいわゆる猫背姿勢になっているのが原因かも?と思わざるを得ない。思い当たる節ばかりだからだ。

ということで、ノートPCをメインとしているものの、スタンドやディスプレイやキーボードを購入して環境を整えようと考えていた。

ミニマリスト的な考えもあり、あまり気が進まなかったのだが、心身ともに気持ちよく作業するためにも、環境を整えようと思い立ったのだ。

僕はキーボードが好きで、今まで色々と試してきた結果、FILCO Majestouch 黒軸(テンキーレス)が僕にとっての最適解ということが分かっている。

仕事では使っているけれど、プライベートでは使っていないので、購入することにした。今回は文字刻印のないタイプにした。

【参考サイト】Majestouch BLACK Tenkeyless 黒軸・テンキーレス・かななしhttps://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=770

正直、側面にも刻印不要だ。キー配置は全部覚えているから。

とはいえ、届くのが楽しみだ。これで仕事でもプライベとでも、Majestouchに触ることができる。なんか、ずっとタイプしている自分が目に浮かんで楽しみが増す。

Linux mint で Notion を使う→「notion-enhancer」を試してみた。

Linuxユーザは少ないので、メジャーなソフトやツールが使えないことが多々ある。

僕はNotionユーザで、Macをメインに使っていたから問題なかったのだけれど、Linux Mintを使いだして、Notionが対応していない問題に直面した。

公式サイトでも、明記してある。ブラウザで使えって、突き放されている感が少し寂しい。

Notion の公式ページのFAQ

仕方なくブラウザで使っていはいるものの、ミニマリスト気分で「ノートPCの13インチ画面で作業することにもトライ中」なので、画面分割して効率的に作業したい。

もちろん、ブラウザを2つ立ち上げたら良いのだけど、うっかりブラウザを終了する順番を間違えると、メインで使っているブラウザの履歴が失われるか、次回立ち上げのときに、閲覧履歴から選択するといった面倒な手間が増えるので、できるだけアプリで対応したい。

調べていたら「Lotion」という、どこぞの高尚な方が作ってくださっているデスクトップアプリがあったので調べてみた。Githubのページに飛ぶ。そして、よく見てみるとその高尚な方が、以下のメッセージを出していた。

「notion-enhancer というのがあって、そっちを使ったほうが良いと」と書いてある。え、そうなの?と正直思ったけれど、自分の作ったもの以外を潔く進めるあたりが、高尚さが増して好印象だと思った。

ということで、「notion-enhancer」を試してみる。

【参考サイト】notion-enhancer https://notion-enhancer.github.io/getting-started/installation/

参考サイトの以下を参考にサクッとインストール。

参考サイトの画面

叩くコマンドはたったの2つ。

<notion-enhanced のパッケージを自分のパッケージマネージャに入れる>
$ echo “deb [trusted=yes] https://apt.fury.io/notion-repackaged/ /” | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/notion-repackaged.list
sudo apt update

<notion-enhanced をインストールする>
$ sudo apt install notion-app-enhanced

notion-enhanced の起動画面

認証も起動も、無事に完了。

起動時の画面。普通に使用できて嬉しい。

思った以上にクオリティの高いソフトなのかもしれない。しばらく使ってみることにする。