Entrepreneur」カテゴリーアーカイブ

自治体DX推進手順書などを再読

DX推進も生業としているビジネスマンとしてスキルアップすべく、再読した。

【総務省】「自治体DX推進手順書」の作成
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei07_02000116.html

  • 自治体DX推進手順書
  • 自治体DX全体手順書
  • 自治体情報システムの標準化・共通化に係る手順書
  • 自治体の行政手続のオンライン化に係る手順書
  • 自治体DX推進手順書参考事例集

ふわっとした中身ではあるものの、体系立てて記載されているので、基本的な考え方は理解できると思う。

それと、さすがに総務省のお役人が公表しているだけあって、きれいな日本語で書かれた文章。最初はとっつきにくいけど、慣れたらスラスラと頭に入ってくる文章だと思う(なので、文章のお手本としても読んでいて参考になる気がする)

読んでいて思ったのは、やはり以下の課題がありそうだということだ。

  • DX人材の育成と確保
  • 庁内体制の構築と機運醸成

まずはここからだと思う。

DX憲章を作ったとか、庁内体制を構築したという地方自治体は過半数を超えていそうだけど、実態は、形だけ作ったという地方自治体が多いのではないか、という肌感覚だ。実態は、DX担当や、DX推進を兼務している担当が四苦八苦していると思われる。

自治体も人がいないのだ。正確には、「やれる人がいない」のだ。

デジタル・ネイティブな若者世代に期待するのも厳しい気がする。スマホ使えるけど、ビジネスを考えるとPCが使えないといけないし、そもそも必要な知識が異なる。

若者以上の世代は、悲しいことに、デジタルの素養を持っている人材が不足しているのが現状だ。なんでだろう…。国策の失敗か?

また、根底にあるのは「減点方式」と「年功序列」という『公務員文化』だとも思っている。現代では、どちらもフィットしない考え方のはずだけど、40代以上の年代は、その文化に染まっているから、脳内DXがされていない人が大宗を占めているだろう。だから、自治体DX=国のDXは遅々として進まないのかもしれない。

とはいえ、そういう現状を打破するのが楽しい。あれこれ考えたけど、上述した2つが現状でのポイントと考える。

そして、両者とも「勉強会」や「コミュニティ」を庁内で構成するのが良いではないか?と考えている。興味を示す職員は、おそらく一握りだろうが、その一握りをまずはコアメンバとしてトレーニングしつつ、徐々に熱を広める=機運を醸成する。

並行して、ICT系スキルも基礎的な内容をレクチャする。

できれば、業務という感覚ではなくて、ワクワクする遊びという感覚で取り組める、庁内サークル的なムードにしたい。

できる気がする。前向きな職員が特をするやり方がある気がする。

code for ** に挑戦する。

code for ** は非常にcool。もっとcoolにしたいと思う。ボランティアで地域を良くしていくって楽しいし、ムーブメントを起こして継続するための良い経験・学びになるはず。

もともと、LinuxなどのOSSの概念に共感している。考えるだけでなく行動を起こしたい。良い実践の場になるはず。

それに、Web3やDAOの世界が本格的に到来すると、より個人が何をしてきたか・できるかが決め手となることは明白。

ビジョンを示すだけでなくて、それを実現する・実践する能力を磨きたい。

自分の哲学と方向性が一致しているので、code for ** に挑戦する。手始めに、code for Okinawa だ。

【学び】企業規模に合わせたスピード感がある。

英会話スクールの外部コンサルをさせていただいている。

一般的に言うと小企業となる規模。施策を検討して実行し、そして評価・分析するまでのスピードは、こまめに、軽めに実施するのが良いと学んだ。

自転車操業とまでは言わないが、小規模企業となるとスタッフの一人あたりの価値というか存在意義が大きい。大企業だと「小さな歯車がたくさんある」と例えることができるかもしれないが、小企業だと大きな歯車が数個ある状態なので、一つの歯車が欠けてしまうと、そのまま全体に大きな損害をもたらす。

それに、施策についても少人数で取り組む必要があることと、企業体力的にも日々の売上を上げることに必死(必要)なので、何かの施策にじっくりと取り組む余裕がないのが現状だ。

大きな案件だけに取り組むのではなくて、中小規模の案件も並行して、かつスピーディに取り組む必要がある。

自分のアイデアを実行して効果が出たときの快感は、いかほどのものだろうか。考えただけでワクワクする。

とにかく、企業規模に合わせたスピード感があるということは、大きな学びとなった。(実践して学んだことなので、一生忘れないと思う)

この感覚を持っているかいないかは、大きな差が出てくる。これから考え取り組むアイデアも、アウトプットレベルや調整・交渉の仕方が変わる。本当に良い経験をした。

「投資家と起業家」の超プチレビュ(チームについての壁?)

読了。実践ノウハウが満載で生々しく、とても参考になる。

一部に「スタートアップは総合格闘技。以下の全てをかねそえる必要がある」とのことで、参考になったのでご紹介。

<スタートアップに必要な要素>
 1.経営者のビジョン
 2.ビジネスアイデア
 3.チーム
 4.デザイン
 5.プロダクト開発力
 6.マーケティング
 7.ブランディング
 8.マネジメント
 9.ファイナンス
10.プライシング
11.タイミング

全部響くのだが、今現在の自分に一番響いたのは「3.チーム」だ。一人でできることの限界と、テームで動いたほうがより大きなビジネスや仕事ができるということは骨身にしみているのだが、自分が求めるチームメンバーがなかなかいないというジレンマに陥っている。

素敵なメンバーを集めて起業してる人は、どうやっているのだろうか?

もしかしたら考え方が逆で、良いメンバーを求めるのでなく、今いるメンバーと一緒に成長していく、という考えか、その両方が必要なのかもしれない。

OSP年次フォーラム

少し前の話だが、OSP( Okinawa SDGs プロジェクト )の年次フォーラムが実施されたので参加した。

沖縄県の高校生(本島だけでなく離島からも!)や、企業のSDGsの取り組みについて、プレゼンやトークセッションが行われた。それぞれが、SDGsという同じベクトルを持ちながらも、独自の取り組みを展開していて、とても参考になった。

特に、沖縄ヤマト運輸の赤嶺社長のトークセッション。

『沖縄水準』をどうにかしないと、という熱い想いで、給与アップ・待遇改善を実施。10年で平均年収500万円、正規雇用者9割を実現。素晴らしい。

人間は、良くも悪くも文化や環境に染まる(適合する)生き物で、かつ大多数の人が『思考停止状態』に陥っているから、本州や海外などの状況や情報を知っていて、しかも熱い気持ちをもった経営者が改革することは、とても良いと思っている。

赤嶺社長のような経営者がもっと増えれば、きっと沖縄県の経済は発展する。感動した。

【参考サイト】沖縄ヤマト運輸・トップメッセージ

ゆくい処・笑島のカレー(沖縄県久米島)

仕事で久米島へ。お客さんへDXなどの提案をした。

2021年9月1日からデジタル庁が発足されて、最近もトップが代わったりとニュースになっているが、活発に動いている(動きすぎている?逆?)ので、最近では世間もDXという言葉を頻繁に使いだした。

デジタル庁や国の動きが、今までに比べて突発だし具体性にかける部分があるので、現場は追いついていないというのが実態だ。

ただ、日本の国際競争力を高めて国力アップさせるためにも、デジタル変容させることは喫緊の課題だと思っている。

さて、お昼は「ゆくい処・笑島(わしま)」へ。

エビそばが有名なお店だが、今回はマンゴーチキンカツカレーに挑戦。

カレーも絶品だった。

ゆくい処・笑島のマンゴーチキンカツカレー

いかに80%で全力を出すか。

100%で全力を出さない方が良い、ということを最近痛感する。

80%で全力を出す。アウトプットも、より質の高いものを、よりスピーディに。

残りの20%は余力として残しておく。

翌日以降に備え、より高いパフォーマンスを維持するためだ。

100%全力を出すと、疲れがK点を超えてしまう。結果、効率が悪くなる。

よって、80%で全力を出すことが肝心。

変な表現になるが、今考えているニュアンスを伝える表現としては、これが最適だと思うので記載する。

起業した友人。

友人が起業した。

前々から個人事業主としてがんばっていたところ、今回、株式会社として新たにスタートすることになったらしい。

お祝いも兼ねて、久しぶりに夕食を一緒にとった。

話を聞くに、なかなかの見切り発車をしているが、それは機会損失というリスク回避と、伸び伸びになりそうな自分へのプレッシャーということだ。

なるほど、納得がいく。そういう動きをしないと、確かに、起業は一生できない気がする。

この友人は、人格者でありつつも情熱を持って仕事をしている、稀有な存在で、僕にとってとてもありがたい存在だ。お互いの将来やビジネスについても語り合うことができる。

大変なことも多いだろうが、こうやって定期的に連絡取り合って語り合うことができて、きっとビジネスでも連携できると思うから、心強い。ご縁に感謝、だ。

「学生参加型イベントで地域を盛り上げる方法」を考え中。

所属している日米協会で、今年の秋にイベントを計画中。大人世代だけでなくて、「学生×英語×行動」ということで、学生世代からの盛り上げも実現したい

地域の盛り上げは、全世代が地域の現状や課題を「自分ごと」としてとらえて、継続して行動することがポイントだと思っている。

学生と相互理解した上で、納得して活動してもらうために、やはり話す必要がある。具体的には、実施予定のイベントについて説明会を開く。取り組み内容や、こちらの意志を伝えて、まずは知ってもらいたい。

とはいえ、実施する前に、学生の価値観を把握しておきたい。なぜなら、気持ちを十分に伝えきりたいからだ。その上で参加するか否かを判断してもらいたい。

自分が学生の頃は「なんで大人は、自分たちのことをこんなにも分かっていないのだろうか」と思っていたが、自分がいわゆる『大人の年代』になってみて分かった。さっぱり分からない。

世代の差を感じることが、ままある。世代によって、育った環境がこれほど違うのか、と愕然とすることもある。環境と教育は洗脳だから、世代世代で全く違う人間ができあがる、という具合だろうか。

今の学生はいわゆるZ世代。不況の時代に育ったということで、堅実だとか、外見でなくて中身が本物かどうか・自分の価値観と合っているかどうかを重視する傾向にある、とググったら出てきた。

鵜呑みにするわけじゃないけど、参考にしつつ、学生とコミュニケーションを図ろうと思う。どうなるかワクワクする。

ランサーズで初納品。

本日、ランサーズで初めて無事に納品することができた。

依頼主は、とある情報サイトの持ち主で、ネタバレOKな記事の作成をされている。どうやら、広告収入をかなり意識しているようで、とにかく事細かに情報を載せた記事を要望されていた。

最初は「良い情報を残したいから、クオリティ高い記事を求めている」という考えてに共感していたので、『最低でも5,000文字』とか、タイトルの書き方とか出だしの書き方とか、かなり細かく注文があった事にも対応していたが、途中から雲行きが怪しくなってきた。

Wikipediaにある情報は最低でも全部載せるとか、画像は絶対貼り付けろとか、ラフ提出へのコメントが尖ってきたし、記事執筆画面にも広告が表示されて、正直編集しづらかった…。

とはいえ、今回は初めてのランサーズのお仕事ということもあり、言われているコメントは確かに正論と言えば正論なので、経験のためにと最後までやり遂げた。

途中で投げ出さずにやり切ったことは、大きな前進だと自己評価している。結局、かなり時間をかけた報酬は495円と、ワンコイン以下だったが、それでもOK。

納品後に依頼主を評価するのだが、プラマイゼロという感じの評価つけたら、他の人の評価を見ることができた。似たような内容のネガティブ表現がしてあって、内容は頷けるものだったので、同じ思いをした人が少なからずいるということも分かった。

今回の依頼主は微妙だったかもしれないが、それも経験のうち。話ネタもできたし、やり遂げたという前進があったので、トータルでは成功だと言える。

さて、他の仕事にも手を挙げてみるか。