Memo」カテゴリーアーカイブ

久米島のポテンシャルを探る。

久米島は、沖縄の離島の中でも触れやすい、いわば「初心者向けの離島」だと思う。

  • 空港があって、本島から飛行機で移動できる(片道30分程度)
  • 病院がある
  • ある程度栄えている(ので、普段の生活でも困らなさそう)
  • コンビニもある
  • 海がキレイ
  • 海洋深層水で町おこししている
  • 車海老の養殖がされている
  • エビ×沖縄そば=エビソバを食べることができる
  • 高校がある

と、カテゴリ無視して列挙(雑記)したら、こんなところだ。病院があるとか、コンビニがあるとか、ある程度栄えているという点は、内地でいう「程よい田舎」という感じに似ている気がする。

個人的には、空路があることが一番。しかも片道30分。値段も、タイミング良ければ6,000円前後で片道移動することができる。

久米島でツアー業を営むのは、成功できる可能性があるのかもしれない…。付加価値の高いツアーに昇華させて、ある程度上の所得層をターゲットにする。体験、自然、グルメ。久米島でしか味わえないものは多いはずだ。

MacBookでアクティブウィンドウをスクショするショートカット→超簡単。

アクティブウィンドウだけをスクショしたい。要するに、スクショしたいFinderの画面があるけど、単に「Shift + Command + 4」だと、Finderの四隅は丸くカーブしてるから、四角でしか切り取れないと四隅が余って格好悪い、を解消するショートカット。すごく簡単。

結論(アクティブウィンドウのスクショ手順)

  1. 「Shift + Command + 4」
  2. スペースキーを押す
  3. カーソルがカメラマークになるので、スクショしたいウィンドウをクリック
  4. 以上

ちなみに、上記の手順3で、「optionキーを押しながらアクティブウィンドウをクリック」すると、影なしのスクショが取れる。これも地味に役に立つ。

ToDoはGoogle Taskを活用すると、Google Calendarと連携して管理しやすい。

ToDoはスケジューラに入れるのが、行動に移しやすいし、効率的に管理できると思う。その理由は2つある。

まず1つ目の理由は、スケジューラ=自分の行動予定なので、ToDoも一緒にスケジューラに登録するのが、その日の自分の行動をちゃんと把握できるし、ToDoをこなすタイミング・時間帯もスケジュールとして組み込むことができるから効率的だ。

ToDoリストでアラート設定することはできるが、別件とバッティングするリスクもあるから、一元管理した方がバッティングのリスクヘッジもできる。

2つ目は、Google Taskの場合は、ToDoリスト化する際にアラート設定した場合、Google Calendarと連動して、スケジューラ上に反映させるから。要するに、1つ目の理由を効率的に実現することができる、ということだ。

ということで、僕はGoogle CalendarとGoogle Taskを活用している。スマホはmocaというスケジュールアプリを愛用している(UIが美しく分かりやすいから)。mocaもそうだが、主流のスケジュールアプリはGoogle Calendarとも連動できるから、Google Calendarをメインに利用するのは必須となっている。

境目のない世界。

飛行機に乗ることが好きだ。特に、こんな景色を見ることができた時は、心安らかになる。

飛行機からの景色、海と空の境目がファジー

海と空の境目がぼやけてて、溶け合って、一緒の世界みたく見れるのがたまらない。

境目に近づけば近づくほど、明るく白く、そして一緒になるんだ、と。

全ては一つ、なんだな。

Notion、とても使いやすい。

最近知ったメモアプリ。Evernoteとライバルな感じ。正直、使いやすい。

アプリのアイコン

メモアプリもさまざま使ってきて、今は、iOSのメモとEvernoteを使い分けている。iOSのメモをメインに、Evernoteはデータベースとして。

僕にとって、メモは軽い起動でささっとかけること、が何よりも大事な第一優先事項。iOSのメモは、この点で圧勝。あと、デザインも良く、文字だけ書いても見やすい。

Evernoteは文字通りデータベース。最近は、SlackやGmailなど、他のアプリとの連携も強化していて、何かと使いやすい。ただ、起動・同期が遅いのが難点で、どうしてもメインのメモアプリにはならない。

そんな中知ったNotion。単刀直入に、以下が良かった。

  • デザインが良い、見やすい
  • +ボタンを押すだけの簡単操作で、headline、チェックボックス、引用、リンク、サブページなど作れて、痒いところに手が届く、とは正にこのこと

議事録を作成すると分かる。結局、今までは文字だけ打ち込んでた。ただ、このUIの使いやさすさは抜群。

メイン候補として、使ってみようと思う。

Notionの画面(スマホ)

いつ見てもカッコいい、宮古空港のシーサー。

沖縄に来て、行く先々でシーサーをチェック。どれも個性があって楽しい。毎回、新たな発見がある。

中でも宮古空港のシーサーは、1番かっこいい。

宮古空港のシーサー(正面)

沖縄に来たら、シーサーチェック。おすすめ。

手帳、リフィル、自作、誓う。

毎年、仕事や生活のスタイルが変わるから、毎年どうしても手帳で悩んでしまう(楽しい悩み)。

行く先々で、書店だろうがコンビニだろうが、文具や手帳コーナーがあると必ずチェック。

先ほども、書店で手帳をチェックしていたら、店員さんが話しかけてきてくれた。話の節々から、「む、このお方、できる」という感じで、勝手に、同士意識が芽生えた。

曰く「僕も悩んでる。最近はバレットジャーナルに落ち着いてる」とのこと。分かるわかる。

結局、僕のやりたいことは「自作ですね、そうですね」となり、なんか後押ししてもらった感じ。ありがたい。

お気に入りの「手帳とペン」

時間かかりそうなのがネックで敬遠していたけど、いろいろ悩む時間を考えると、投資ととらえてやってみよう、と思った。

初めての渡名喜、海の色が違った。

本日は、初めての渡名喜村。ザ・沖縄という感じの街並み、家屋の佇まい。

島の端から端まで、歩いて10分くらい(港から対岸)。防風のためのフクギが生い茂る中を進む。

渡名喜港
渡名喜の海の色

沖縄の海は、どこでもキレイ。かつ、離島で色が異なるのが楽しいし、魅力的。

久米島空港でのリモートワークは電源ないので気をつける。

沖縄県久米島空港でリモートワークを試みる。結果、電源とれるコンセントがないので注意、ということが分かった。

  • 場所→2階カフェの椅子と机(営業時間外でも勝手に使える、木製吹き出しでお尻が痛い)
  • 電源→なし
  • フリーWi-Fi→なし
  • 景色→海が見えて晴れてたら最高
  • 軽食→カフェ(10:00-18:30)か、自販機

電源がとれないのは、個人的には苦しい!が、静かで良い感じ。

久米島空港2階からの景色

※カフェ営業時間は、もちろんコーヒー注文した。

WSのアプリがとても使いやすくなっていた。

今までWS のアプリでは投稿しづらかったから敬遠していたが、久々に使ってみたら、とても使いやすくなっていた。

Twitterでは収まりきれない内容を、写真とか活用しつつpostできるから、やっぱりプログは楽しい。

カテゴリも、最後に押す「投稿」ボタン押したら、最終確認みたいな感じで、簡単に選択できるし。こういうの地味だけど、かなりポイント高い。

自分のログとして、これからも使い続けていこう。