CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
映画「CHEF」から学んだこと
0

    先日、映画「CHEF」を観たので、レビューというか、勉強になったことを記載する。

     

    • アメリカは契約社会。契約で自分のドメインが決まっている。そして、決まってるドメインはプロとして誇りを持って取り組む。経営者であれ、自分のドメインに口を出してきた(契約違反)であれば、正面切ってディスカッションする。言いなりにならない。プロ魂を持つ。
    • 感情起伏や、感情表現の高低差がすごい。誇張しているのかもしれないが、自分の友達(海外)を観ても同様の感じがするので、そこまで現実とずれていないのかもしれない。
    • チャンスはいろんなところに転がっている
    • 友情は大切に。一生の友は、一生の宝。
    • 情熱を傾けるものがある人は、自分の人生をかけてでもやり遂げたいこと・やりたいことがある人は強い。周りも一目置く。
    • 自分の意見ははっきりと言う。どう思うかは相手の領域であり、アンコントローラブルであり、あれこれ考えても仕方がない。
    • とにかく前に進む

     

    総じて、とてもステキな映画だった。久しぶりに、一生の映画の一本として追加した。

    興味が湧いた方は、是非。

     

    | english | 08:27 | comments(0) | - |
    短く、刺さる文章を書く - Short and Impact. That's the point in SNS era.
    0

      SNS時代な昨今では、「短くて、何を言いたいかが分かる文章が良い」という話。

       

      文章は、書けばよいというものではないと思う。

      起承転結とか、オーソドックスだけど本質をついた「型」は存在するに、型に合わせて書くことは難しい。

      ただ、型に合っているからといって、長文をダラダラ書くのもいかがなものか、と思う。

       

      特に、SNSやブログ。

      個人が自由に、好きなときに発信できる時代になったのは、とても素晴らしい。

      そして、だからこそ、情報が溢れていて、処理するのが大変だ。

      そりゃぁ、歩きスマホもしたくなる(危ないから、やめましょう)。

       

      文章は、簡潔に、結論から記載してあるものが好ましい。

      冒頭で主張したいことを明確にしてくれた方が、続く文章も読みたくなる。

       

      何事もcase by case。

      文章の「型」も、時代に合わせて変化させる必要がありそうだ。

      | - | 01:01 | comments(0) | - |
      ブログを自分の冒険記のように書いてみる
      0

        よくよく考えてみたら、ブログは自分の冒険記=人生の記録のようなものなんだ、ということに気がついた。

        ブログを初めて20年近くになって、ようやく理解できた一面。

        自分でもビックリしている。大学も仕事もIT系で、ブログなんで、Weblogと言われていた頃から知っているのに、今になってようやく腑に落ちるとは…。

         

        ブログを書く時は、テーマを絞ることが大事、と色んな所で言われている。

        確かにそうだと思う。

        ただ、自分には冒険記があっている気がする。

        その時々で思ったことを書いていくのも、ありなんだなと思った。

        | memo | 21:50 | comments(0) | - |
        色による奥行きの表現
        0

          色による奥行きの表現って、すごく楽しい。

          そもそも「色」ってのが、すごく楽しい。興味がある。

           

          中学生の頃、美術の先生がおっしゃっていた言葉を、よく思い出す。

           

          「自然には、絵の具の、そのままの色は存在しない。

          なぜなら、日光の色など、周囲の色が反射して、君たちの目の中で混ぜ合わせられているからだ」

           

          なるほど、おっしゃるとおりだと思った。

          そして、その日から、絵を描く時は、絶対に、絵の具をそのままで使うのではなく、周りの色を、感じ取ったイメージのまま、感覚に従って混ぜるようにしている。そして、何度か重ね塗りをするようにしている。楽しい。

           

           

          写真でも同様のことが言えると思う。

           

          例えば、同じ木の葉の色も、ひとつひとつが異なる色を放っている。

          場所によって成長具合も違うだろうから、なおさらだ。

           

           

          色の微妙なグラデーションを感じ取って、それを表現する。

          奥行きがでる写真が撮れると、とても嬉しい。

           

          | photograph | 21:49 | comments(0) | - |
          Google Cloud Platform (GAE) でLINE Botの開発にチャレンジ中
          0

            只今、奮闘中。

             

             

            Google Cloud Platform(以下、GCP)のGoogle App Engine(以下、GAE)を使って、Pythonで、LINE Botを作成しようと頑張っている。

             

            久しぶりのソフトウェア開発。

            久しぶりのコーディング。

             

            そして、

            初めてのGCP(GAE)。

            初めてのPython。

             

            GCPのセミナーに行ったりして、なんとなくの雰囲気は掴んだ気になっているものの、自分で実装していないから、実感が湧いていなかった。

             

            最近、コーディング欲、というか、創作意欲が湧いて止まらないので、コーディングすることに。

             

            さて、何を作ろう。

            そうだ、LINE Botを作ってみよう。前から気になってたし。

             

            世界には、オープンデータがゴロゴロと転がっているし、APIも公開されている。

            それに、スマホのアプリも作れるし。

             

            よし、LINE Botを作ったら、その流れで、他にもいろいろと創ってみよう。

             

             

            ということで、第一弾として、開発中。

             

             

            …が、躓いている。

            ふぅ、久しぶりのこの感覚。

            良くないけど、良い。

             

            ちなみに、Pythonでコーディングして、GAE上でデプロイまで完了しているが、LINE Developersサイトでの Messaging API設定画面のWebhookで、接続テストNGとなる。

             

            Google ConsoleのLoggingでログを確認したところ、SSLのインポートエラーが出ている…。

            むむ、これか?これなのか?

             

             

            はぁ、サンプル動かすのに2日もかかってる。

            根気よく頑張ろう。

            これを超えたら、きっと、もっと楽しくなる。

             

            | technology | 22:17 | comments(0) | - |
            Jetpack(wordpressプラグイン)が重い…
            0

              Jetpackが重かったので、無効にしちゃった、という話。

               

               

              僕は、自分で「写真チーム」を立ち上げていて、HPも構築している。

               

              HPは、VPSをレンタルして、ゼロベースで構築した。
              (実は、メールサーバも独自で構築して、独自ドメイン取得して、メールも利用している)

               

               

              悩みだったのが、HPの表示速度が遅いこと。
              しかも、ギャラリー(撮った作品)の表示が非常に遅く、困っていた。

               

              VPSの設備スペックが低いのだろうか…と思い調査を続けていたが、結局分からなかったので、とうとう、別のレンタルサービスを利用しようと決意した、、、のだが、結局はJetpackの影響だったということがわかった。

               

              気づいたのは、移行する前に、Wordpressを初期化しようとしたことが要因。

              Advanced Wordpress Reset なるプラグインがあることを知り、インストールして実行しようと思った矢先に、たまたま「Jetpackが重い」というWebサイトが目に止まった。

               

              あぁ、なるほど。

              そっちか、と。

               

              Jetpackて、セキュリティ含めたいろんな機能があって、便利だな〜的に思っていて、使っていたのだが、思い切って無効にしてみた。

               

              結果、表示速度が改善された(速くなった)。

               

               

              ということで、結果的にOKと判断して、レンタル設備の移行は中止。

              よしよし。

               

              とりあえず、この状態で運用して、様子を見てみようと思う。

              | technology | 11:24 | comments(0) | - |
              【本】「自律神経を整えてストレスをなくす オキシトシン健康法」のレビュー
              0

                なかなか参考になった一冊。

                 

                「オキシトシン万歳!」という、オキシトシン一色の本。
                半分ぐらいは、むりやりオキシトシンに繋げる論理展開だったのが少し残念だったが、実生活でも活用できるノウハウが沢山記載されているので、参考になる。

                 

                 

                 

                脳内ホルモンを理解し、より活用すれば、もっと自分をコントロールすることができるだろうという考えてで読んでみた本だったが、結果、目的の知識を得ることができたので、良かった。

                 

                 

                以下、気になったところのかいつまみ。

                 

                ーー

                ・有名なホルモン。

                  ⇛オキシトシン

                  ⇛エンドルフィン

                  ⇛ドーパミン

                  ⇛セロトニン

                ・セロトニンも幸せホルモン。メラトニンの材料となるので、例えば朝日を浴びるなどすると、よるに良質な睡眠を取ることができる要因になる

                ・CAM(Comprementary and Alternative Medicine、補完代替医療)が注目されている

                ・瞑想は非常に良い。無我の境地に達すると、自分と他人の区別がつかなくなる。よって「私はあなた」であり「あなたは私」となる。即ち、私とあなたが一緒になるため、全てを愛することができる。(科学的には、脳内の「上頭頂葉後部」の活性を抑えることになるため、相手と自分の区別がつかなくなる。修行層は、瞑想することで、この部分の活性をゼロにすることができる)

                ・相手の目を見て話す

                ・相手を思いやると、自分も相手の幸せな気分になる。「目は口ほどに物を言う」

                ・相手を思いやることで、自分の脳内にオキシトシンが分泌され、自分の心と体を健康にしてくれる

                ・アロマテラピーも良い。自分の好きな香りをかぐと、オキシトシンの放出が増加する

                ・共感や連帯感がポイント

                ・最もオキシトシンが分泌されるのがセックス

                ・性欲を満たすことより、相手を包み込みたい、安心させたい、精神的つながりや絆を深めたい、という思いから行うセックスが、より多くのオキシトシンを分泌させる

                ・相手を思いやる心から発生する行動が、オキシトシン分泌に大切

                ・例えば、このゴミを拾ってきれいにすれば、みんなが喜ぶだろうな、と思って行動する。汚いなとかなんで捨てるんだろうとかいう感情は「自分のため」なので、オキシトシンは分泌されない

                ・オキシトシンリッチな状態は、質のよい睡眠につながる

                ・そのためにも、好きな人と一緒になることが効果的。一人の時は、好きな人のことを考えながら眠るようにする

                 

                 

                 

                | book | 23:17 | comments(0) | - |
                【TED】本当の瞑想の仕方。今この瞬間と自分の思考についての認識(All it takes in 10 mindful minutes | Andy Puddicombe)
                0

                  僕は、瞑想について誤解していたのかもしれない。

                  瞑想は、思考を止めることで、脳の休息を得ることと理解していた。

                  しかし、このTEDトークは、僕の理解とは異なることを教えてくれる。

                   

                  誤解(間違っている)のか、それとも他の解釈なのかはさておいて、このTEDトークの内容によって、人生が豊かになるのは間違いないと思っている。

                   

                   

                  以下、印象的だった内容の引用。

                   

                  • 多くの人々が、瞑想は思考を止めることだとか、感情を捨てたり心を抑制することだと思っているようですが、実際には全然違います。瞑想とは、一歩さがって、思考をはっきり理解することであり、揺らめく思考や感情を分別することなく、リラックスしたまま集中した心で観察することなんです。
                  • 必要なのはバランスの取れた集中的なくつろぎであり、これを実現できれば、日々のいざこざから思考を開放できるんです。
                  • 私たちは物事1つ1つを変えることはできません。しかし、得られる経験は変えることができます。

                   

                  | english | 18:23 | comments(0) | - |
                  【TED】政府の在り方は自分自身で変えられる(Coding a better government | Jennifer Pahlka)
                  0

                    住民は政府に失望するのではなく、政府の本質が「単独でできないことを、みんなで一緒にやる」であるということを認識して、前向きに取り組むのが良い、というお話。

                     

                    この考えが頭にあると、自分が政府(行政)を変えることができる、という感じが高まって良い。

                     

                    原始の時代など、人はもともと、群れをなして協力し、困難に立ち向かっていたのではないか。

                     

                    歴史が進むにつれ、お金が発明され、社会ができ、ルールができ…と、進化する(実は退化なのかもしれないが)につれ、各自の「役割」のようなものができて、多くの人がその役割に、考えることなく自分を合わせて行動するようになった結果、このTEDトークのような現実ができてしまったのではないか。

                     

                    だとしたら、このトーク中に「物事は変化している」と言われているとおり、常に人類は進化しているのだから、歴史を振り返って学び、全ての良い部分を集めて、さらに良い方向に進化できるのではないか。

                     

                    テクノロジーが進化し、デジタルネイティブの価値観が増えていく現代、金銭に変わるインセンティブを持って、みんなで協力しながら、幸せになれる社会も実現できるのではないか。

                     

                     

                    そういう考えが脳内に広まっていった、勉強になるTEDトークだった。
                     


                    <引用>
                    But these apps are like little digital reminders that we're not just consumers, and we're not just consumers of government, putting in our taxes and getting back services. We're more than that, we're citizens. And we're not going to fix government until we fix citizenship.
                    (Code for Americaなどが開発した)これらのアプリは、私たちが単なる消費者でないと気付かせてくれるのです。私たちは、税金を払って行政サービスを受けるだけの、政府の消費者ではありません。私たちは、それだけの存在ではありません。私たちは「シチズン」なのです。「シチズン」の在り方を変えずに、政府の在り方を変えることはできません。

                     

                    | english | 00:09 | comments(0) | - |
                    【TED】市民ハッカー・〜住民みんなで行政を作り上げる方法〜(Why good hackers make good citizens | Catherine Bracy)
                    0

                      継続と発展。

                      ビジネスでは、至上命題となっている要素だ。

                       

                      なぜなら、ビジネスの本質が「社会貢献」であって、真の社会貢献のためには、単発でなく、継続と発展が、より多くの人々を幸せにするために必要となるからだ。

                       

                      ただ、継続と発展は、ビジネスに限った話ではない。

                       

                      例えば、ボランティア。

                      内容によっては単発でもOKなものもあるだろうが、そうでないものもある。

                      外部の人が、地域住民の支援をと思い実施するイベントが良い例で、単発でも良いのだが、結局、継続的な実施が必要な場合が多い。

                      それは、ブランドを確立させて、毎年見込める収入となるぐらいまで拡大させてないと、開催側の負担でしかなくなる可能性があるからだ。

                       

                      ただ、残念ながら、ボランティアは、良くも悪くも無償だ。

                      よって、開催側のモチベーションを維持することが最大のポイントで、かつ、最も困難なポイントだ。

                      結局うまくいかなかったものは、あとから「ボランティアのマスタベーション」などと揶揄されてしまうこともある。

                       

                       

                      話を戻す。

                      継続と発展が重要だ。

                       

                      そのためには、当事者自身が、金銭的対価以外に価値を見出し、取り組む必要がある。

                       

                      今回紹介のTEDトークは、Code for X(例: Code for America)というもので、対象の自治体にハッカーを派遣し、1年間フルタイムで、自治体の持つ課題をクリアするための取り組みを実施する。

                       

                      トークでは、シンプルな作りの「お悩み投稿サイト」の作成が紹介されている。

                      作りはシンプルだが、質問が多数寄せられる。

                      Code for Americaのメンバーでは、人数が少なくて、時間的に対応が困難。

                       

                      そこで、彼女らはどうしたか。

                       

                       

                      その地域に住んでいる人たちに、回答を入力してもらうイベントを開催したのだ。

                       

                       

                      これは、単に人数の補充という意味だけではなく、住民に対し、行政への参加の仕方、その方法の一つを提示したことで、住民が参加しやすくしたことを意味する。

                       

                      これが非常に大きい。

                       

                      「自分の住んでいる街のためにないかしたい」

                      「けど、その方法が分からない」

                       

                       

                      こう思っている人も、ある程度の割合でいるだろう。

                      このような人たちに、参加する方法を提示することで、行動を起こしてもらう。

                       

                      そして、ムーブメントが起こる。

                      住民のみんなで、行政を盛り上げるというムーブメントだ。

                       

                       

                      このムーブメントは、非常に大切だ。

                      冒頭の、ボランティアの例で上げた課題をクリアしている。

                      きっと、住民同士のつながりも強くなり、強いコミュニティとなるに違いない。

                       


                      彼女ら(Code for X)のやり方は、理想の一つだと思っている。

                       

                       

                      最後に、トーク中に印章に残った言葉を引用し、本投稿を終わるとする。


                      --
                      And by stitching together my small act with the thousands of other small acts of participation that we're enabling through civic hacking, we think we can reenergize citizenship and restore trust in government.

                      (市民のハッキングだからこそ可能な、私の小さな行動と、何千人もの小さな行動を合わせるということは、市民権に再び活力を与え、行政への信頼を回復できると考えています)
                      --

                       

                      | english | 14:35 | comments(0) | - |
                      | 1/8PAGES | >>