SDGsの取り組み。→浸透するのは時間がかかる?

先日、池上彰のTV番組で、複数のテーマについて世界中でインタビューしていて、世界がどう思っているのか、を紹介されていた。

コロナ、政府、経済などのテーマがある中でSDGsについても、街頭インタビューを実施。

TVの街頭インタビューをどの程度信じていいのかも、たまたま?インタビューされた一部の人の意見をどこまで信じていいのかも分からないが、番組では意外にも、日本人が一番認知・理解していて、アメリカやイギリス、インド、中国の人は認知すらしていないケースが散見された。

SDGsの難しいところは、17の目標が世界レベルのカテゴリ、即ち抽象的・大局的すぎてイメージできない点だ。

【外務省】SDGsとは?

イメージできないと、自分の生活にどう関係するのかがリアルに分からないので、結局、自分事と考えることができない。

だから、浸透しない。

もやもやしつつ、色々とググってみたところ、吉本興業がSDGsについて取り組んでいることが分かったので、サイトをご紹介。

吉本興業のSDGsへの取り組み

吉本の強みはお笑い芸人を抱えていること=知名度とイメージ、だ。注目される存在は、取り組みを推進し浸透するためには、とても強力な要素になると思う。

世間を騒がすこともあるが、それはそれとして、SDGsの取り組みは良いと思うので、続けてほしいし、注目していきたいと思った。

ちなみに、上記サイトの後半に、ミルクボーイがSDGsについて解説する漫才の動画あるのだが、まずはSDGsという言葉を覚えましょう、というメッセージが伝わってきて良かった(少々強引とも言えるかもしれないが)。

それにしても、よく声が通るな。すばらしい。

SDGsの取り組み。→浸透するのは時間がかかる?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 市場規格外とITと。 | hiro-lab

コメントは停止中です。